病院のメリットとクリニックのメリット

さまざまな違いがある病院とクリニック

仕事のハードさを推し量る基準

 クリニックや病院ごとにさまざまな基準が設けられており、求職者はその基準に沿えると感じたときに、どちらかに入職することを決めるのです。それぞれの職場で働いている自分の姿を想像して、どの職場が自分に相応しいのか考え抜いています。ともすればどちらで働いても自分に向いているのではないかと感じることが往々にして考えられるのです。
 以前病院に勤めていた看護師は、クリニックの病床数に驚きを禁じ得ないことが多々あるのではないでしょうか。病床数で仕事のハードさを推し量っても不思議ではなくて、クリニックの病床数が少ないため、前の病院と比べて落ち着いて仕事ができることを期待しています。病床数がクリニックの本質を表す基準だと感じているのが窺えて、クリニックで理想的な看護師ライフが送れていることを嬉しく感じているのです。これからもクリニックで働くことを切望して、看護師人生を全うしようとする想いを盤石にしていきます。クリニックで働き続けることで、クリニックからどんどんエネルギーを貰えるような期待感が膨らんでいき、クリニックを自分の居場所にすることに結びついていくのです。クリニックならば一人の看護師として大きく成長できそうな気がしていき、可能性の翼を携えるのはそう遠い未来ではないと感じるようになります。クリニックで人生を劇的に変化させていることを感じ取り、人生の勝利者になることへの想いを日に日に強くしていくのです。